TABI-KYAKU 想いが旅する飛脚便

     
NEWS

デンソー主催イベントにゲスト出演!?

2018.07.09

「なぜ自動車部品メーカーと飛脚便?」

 

大手自動車部品メーカーのデンソーから、
とあるイベントにゲスト出演を頼まれた。
まさかのオファーに戸惑う飛脚。

 

「いやでも、関係あるん?と思う人も多いはず。」
 

実はデンソーさん、
”暮らしの未来を 歩く から考える”
というプロジェクトを発足し、

 

今回「歩くを楽しくするアイデアコンテスト」を開催することになり、
その決勝大会。世界中から参加者が集い、一番面白いアイデアを決める大会だ。

「なんて、面白い発想なんだ。」

 

そして今回!
歩きではなく、走りだが(笑)
アイデアをカタチしている人間として、
話してほしい。そういう依頼だった。

 

「これは自分の想いを伝える良いチャンスだ!」
と、軽い気持ちで参加させていただいたところ、
全く予想していなかった、出会いが待っていた。



有楽町駅から徒歩10分にある高層ビルに、
荷運びの棒をリュックにさし、向かう飛脚。

 

途中、道に迷った外国人老夫婦を案内していると、
自分も迷ってしまい、遅刻する羽目に。笑

 

なんとか無事到着。
とても立派なビルディング。

会場には40名ほど人が集まり、
すでにコンテストが始まっていた。

 

しれっと客席に座り、
内容を聞いていると
どれも面白いアイデアばかり!

 

匂いマップを作って、香りを楽しみながら歩くとか、
靴と音楽プレイヤーが連動していて、歩く歩数に合わせて曲が流れるとか。

「面白い!(小声)」

  

優勝は「香りMAP」を作ったデンマークから参加の日本人女性のアイデアで、まさかの iPad越しでの参加でした。笑

 

「なんとシュールな。笑」

 

そして
休憩を挟み、
いよいよゲストトークの時間。

 

僕ともう1名男性がゲストのようだ。
彼は全国のバス停を”歩いて”巡り、データ収集をしている。
「クレイジージャーニー」(某TV番組)に出てそうな人だ。笑

 

そんなジャーニーさんのトークを横目に、
僕は「勝負服」を身にまとう。

 

さすが、ジャーニーさん。
かなり盛り上がっているようだ。
僕も聞きたい。。。

 

そんな時、会場にマイク音が鳴り響く。

 

司会「本日最後のゲストで、飛脚がやってきております!」
会場「ざわざわ。。」
司会「さあそれではお願いします。想いが旅する飛脚便、浦長瀬さんです。どうぞ!」

 

緊張の瞬間だ。
いつも登場の瞬間は心臓が飛び出しそうになる。笑

 

だが、会場の雰囲気はジャーニーさんのおかげで、
かなりあたたかい!

 

拍手と笑い声で、迎えられた。

 

設定された時間は20分。
僕は、ただただ自分が毎日楽しんでいる飛脚の活動内容を紹介する。

 

体感時間5分というところだろうか。
気がつけば、プレゼンは終わっていた。

 

そして、
奇跡の出会いはこの後起こる。



最後に懇親会が開催された。
もちろん私は飛脚の格好で参加する。
すると審査員や観客の人が声をかけてくれる。

 

「めっちゃ面白かったです!」
「なんで飛脚思いついたんですか?!」

 

共感・応援してくれる声には本当いつも勇気をもらっている。
そんな中で、1人だけ違う声が聞こえた。

 

振り向くと手にはiPad。
「あっ!優勝したあの人だ!」

 

どうやら友人の方を使って、僕の元までやってきてくれたのだ。

 

iPad「凄い素敵な活動をされているんですね。実は私聞きながらiPad越しで感動のあまり泣いちゃいました。」

 

僕「え!そんなそんな、ありがとうございます。」

 

iPad「一つ相談なのですが、今私デンマークに住んでいて、日本にいるある方に飛脚便をお願いしたいんです。」

 

僕「ぇ、ええ!!もちろんです!!是非また詳しく話し聞かせてください!」

 

とまさかのその場で依頼を受け、
Facebookでのちに話をすることになった。

 

果たして、飛脚の依頼内容とは、、、

 

to be continue...

#飛脚映え なんつって。